スポンサードリンク

スポンサードリンク



マッサージ、ストレッチなどの方法

ほうれい線を消すエクササイズは危険!

更新日:

98757de007b76851cb369b0b6e1133b3_s.jpg

ほうれい線を消すためのエクササイズって本当は逆効果だった?

ほうれい線は老け顔に見せてしまうしわの1つ。
男女問わずほうれい線を消して若々しい表情を保ちたいと思う方も多いことでしょう。
ただ、巷で広がるほうれい線を消すエクササイズって実は逆効果だったと言うことをご存知でしょうか。
ほうれい線のできる仕組みと正しい対策をご紹介します。

ほうれい線を消すためのエクササイズって本当は逆効果だった?ーマッサージ編

ほうれい線を消すエクササイズとして有名なのがマッサージによる対処法。
表情筋をほぐしてたるんだ皮膚を吊り上げることを期待して行うマッサージですが、素人が正しい知識や技術もなしに真似をして行うことは、かえって皮膚が伸びてしまい、たるみやシワになる恐れがあります。
ほうれ線対策としてマッサージと聞けば体に効果がありそうな期待感を持ってしまいがちですが、あくまで肌のことを知るつくしたプロの方によって行う施術についてはほうれい線対策効果が期待できますが、力加減やマッサージするポイントが定かでない人は要注意です。

ほうれい線ができる原因は化粧にも関係があった?

ほうれい線は加齢とともに皮膚を支える表情筋が衰え、重量に負けて皮膚が垂れてしまうことでできるシワやたるみが原因となります。
ただ、ほうれい線ができる原因は表情筋の低下だけでなく、特に女性の方が日々行うお化粧によってほうれい線の発生を加速させてしまう場合があります。
その代表的なものがアイプチ。二重まぶたを作るツールとして利用している人も多いアイテムですが、まぶたを折り曲げて人工的に二重まぶたを作り出すものになりますが、まぶたを折り曲げる操作をなん度も繰り返すことによりまぶたの皮膚が垂れて目元のたるみに繋がる恐れもあります。
目元のたるみとを同じ原理で、化粧する際に両頬に化粧水や美容液を塗り込む際にもゴシゴシと強い刺激を肌に当たることによって、気づかないうちにほうれい線として目に見える形で肌にしわ寄せがきてしまうことがあります。

ほうれい線を消すためのエクササイズって本当は逆効果だった?ーツボ押し編

ほうれい線を消す方法として手軽に自宅で行える方法としてよくメディアで紹介されているものがツボ押し。
肌のリフトアップに効果が期待されるほか、ツボを押すことで表情筋を活性化させたるみやシワなどによるほうれい線を防ぐことができるとされています。
ただ、こちらもツボの場所を的確に抑えていない場合は、ただ単純に外部から強い刺激を一点に受けただけとなってしまうためシワを作る要因にもなってしまいます。

ほうれい線を消すエクササイズはプロにやってもらうこと

このようにマッサージやツボ押しなどは、熟練の技や専門知識を持つ人が行うことで本当の効果を発揮するもの。
素人が真似て行うとかえって逆効果になってしまう場合があります。ほうれい線対策を心がけて行なったにもかかわらず、逆効果に終わってしまうと気分も落ち込んでしまうもの。皮膚に適度な力加減でマッサージを行い、リフトアップに効果的なツボを的確に刺激を与えてくれるプロに任せることで肌への悪影響もなくすことができます。
プロにやってもらうことによる安心感と幸福感は、自律神経を安定化させリラックス効果を得ることもできます。
リラックスをすることによって分泌される幸福ホルモンは、女性の肌を綺麗に若々しくさせることにもつながるとされており、ほうれい線対策だけでなく美的効果も期待できます。
そのほかにも、間違った施術によって色素沈着などの恐れもありますので、総合的に見てもやはりプロに任せてほうれい線を消すエクササイズを受けることが望ましいと言えるでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



-マッサージ、ストレッチなどの方法
-

Copyright© ほうれい線お悩み解決ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.