スポンサードリンク

スポンサードリンク



ほうれい線の原因

ほうれい線の原因の1つとされるお肌の乾燥

投稿日:

24642fed96ba5ec6cd5e45642d848f73_s.jpg

・ほうれい線などの肌トラブルの原因の一つは肌の乾燥から始まる

ほうれい線になる原因の一つとして、肌の乾燥が挙げられます。
肌が乾燥してしまうと、さまざまな肌トラブルが起こりやすくなります。
肌は水分が不足してしまうと、バリア機能が低下してしまいます。
そのため、さまざまな刺激を受けやすくなり、よって肌の状態が悪くなってしまいます。
ほうれい線は十分に肌の水分量が無い上に、たるみやシワなどが原因で起こりやすくなります。
また、表情筋などの顔の筋力がなくなってくることで、重力に負けてしまい、皮膚が下がった状態になってしまいます。
日頃から肌の保湿を十分に行い、潤いを保つ美肌作りを心がけて行きたいものです。

・ほうれい線の原因となる感想を防ぐためには、こまめに水分を与えることが必要

水分を失いかけた植物はどんどん萎れてきます。
ハリがなくなってきて、最後にはシワシワになってしまいます。
しかし、水分を与えてあげると、それを吸収してどんどんシワがなくなり、生き生きとした状態になっていきます。
肌も植物と同じような状態になってしまいます。
そのため、こまめな水分補給が大切です。
冬になると乾燥しやすく、それが風邪の原因となってしまいます。
乾燥は免疫力が下がってしまい、細菌などが付きやすくなってしまいます。
風邪をひく原因は寒さと乾燥によるものです。
それと同じで肌の乾燥が続けば、肌のバリア機能が低下してしまい、それが肌荒れに繋がってしまいます。

・乾燥が原因によるほうれい線などのシワは個人差が大きい

ほうれい線は個人差があり、若い時からある人もいれば、高齢になってもほとんどない人もいます。
その差は体質などもありますが、やはり日頃の生活習慣が大きく影響しています。
普段から乾燥しやすい環境に肌をさらし続けてしまうと、どうしても肌も乾燥してしまい、ほうれい線ができやすくなってしまいます。
ほうれい線を作らないためにも、まずは肌の乾燥を防ぐ工夫をしていきたいものです。
そのためにも保湿効果の高いスキンケアを行うことが大切です。
特に冬から春にかけては、肌が乾燥しやすくなるので、十分なケアが必要です。
夏は顔もたくさん汗をかきますが、汗は保湿対策にはなりません。
汗をかいても、保湿対策はしっかりと行っていきましょう。
逆に保湿対策を行わないでいると、肌荒れを起こしてしまい、そこに汗が沁みるので、痛みを感じてしまうこともあります。
肌荒れがあるとさらに汗が加わってしまい、肌荒れが悪化してしまうので、しっかりと保湿対策を行い、健康な肌を作っていくことが大切です。

・マッサージやビタミンCなどでも、乾燥が原因によるほうれい線を改善

健康な肌を作り、それを維持していくためには、肌の保湿をしっかりと行い、肌を乾燥させないことが大切です。
肌が乾燥してしまうと、ほうれい線などのシワが多くなり、またたるみやシミなどを引き起こしやすくなってしまいます。
ほうれい線はシワの中でも最も目立ちやすいものです。
乾燥以外にもリンパの流れが滞っていることも考えられます。
その為、こまめに顔のリンパマッサージをして、ほうれい線に溜まったリンパを流してあげるようにしましょう。
また、表情筋などを鍛えて、なるべく口の周りの皮膚がたるまないように気をつけたいものです。
ほうれい線だけではなく、マリオネット線と呼ばれる口の両脇にもシワができ、さらには顎もたるんでしまうと、かなり更けた印象になってしまいます。
年齢を重ねるとどうしても皮膚がたるみやすくなり、ほうれい線などの深いしわができやすくなってしまいます。
しかし、保湿対策やマッサージや筋トレなどを行っていくことで、ほうれい線などのシワを改善していくことが期待できます。
また、美肌効果のあるビタミンCを多く含む食生活を行うのも良い方法です。
ビタミンCを含んだ食べ物や飲み物などを意識して摂ることで、肌の老化を防ぎ、潤いとハリのある素肌を目指していくことができます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



-ほうれい線の原因
-

Copyright© ほうれい線お悩み解決ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.