スポンサードリンク

スポンサードリンク



ほうれい線の原因

ほうれい線が片方だけできちゃう!気になる原因とは!?

更新日:

顔の鼻の横側だけでなく、口元にまで延びているほうれい線は嫌なものです。
しかも、よく見ると片側のみ強くほうれい線が入っていることの方が多いです。
顔の左半分だけを見れば若々しいのに、右側だけを見ると明らかに老け顔…写真写りも気にしがちになります。
このように、ほうれい線が片方だけできでしまう原因と自分でできる改善方法についてまとめてみました。
24642fed96ba5ec6cd5e45642d848f73_s.jpg

片方だけにほうれい線ができてしまう原因

片方だけのほうれい線は、歯と関係が深い。

 ほうれい線ができる原因の一つに、歯と歯並びが関係している場合が多いことがあげられます。
普段何気なく食事で物を噛んでいる際、どちらか片側のみの偏った噛み癖がある人は、噛む側の咀嚼筋が発達するため顔が引っ張られており、筋肉のバランスが崩れているのです。
噛む側の口角は上がり、噛まない側の口角は下がり気味となっています。
左右対称でない口角が上がった方の頬は、噛むたびに口の横との境目に負担が生じ、このことがほうれい線を深く刻む原因となるのです。
また、ほうれい線ができている反対側の歯並び(噛み合わせ)が悪い場合も、無意識に歯並びが悪い方で噛むのを避ける噛み癖がつくため、片側ほうれい線の原因となります。

就寝時、下側にする側にほうれい線が強く出る。

 就寝時にどちらか一方の側を下側にして眠る癖のある人は多いです。
人間の頭部の重量は大きく、少しだけの傾きでも毎日顔と体の片側に何時間も重心がかかると、例え枕のような柔らかい寝具であっても負担が大きく、口元や頬の筋肉が痛んでしまいます。
このような寝方の癖も、ほうれい線が片側のみ深く刻まれてしまう原因です。

骨盤や背骨など、体の骨格のゆがみによる片側ほうれい線

 普段何気なく荷物やバッグを片側だけで持つようにしていたり、足の組み方の上下の癖など、骨盤や背骨など体の骨格のゆがみもほうれい線に影響します。
その他の生活習慣として、片側で頬杖をつく癖なども、顔の片側の筋肉を傷める原因となってます。

片方だけのほうれい線を改善するには

左右に偏らない噛み方にする

 無意識に食事中は噛みやすい側で噛んでいることから、意識してあまり噛まない方の側でも噛むようにすることを継続的に行い、少しづつ左右に偏らない噛み方に修正し、顔の筋肉のバランスを直していきます。

ほうれい線を伸ばす顔の体操をする

 もうご存知の方は多いと思われますが、できてしまったほうれい線を伸ばす顔の体操がいくつかあります。
頬を膨らますように空気を含み、内側からほうれい線を伸ばすように、左右に空気を回すやり方や、舌でほうれい線の下側をシワを伸ばすように強くなぞることを繰り返すなどです。

普段の生活習慣を見直す。

 足の組み方の上下の癖や、重い荷物やバッグをつい効き手の片側だけで持つようにしていたり、いつも同じ側にバッグの斜めかけをしていたりと、骨盤や背骨など体の骨格のゆがみに影響が出ていないかを見直し、重心のかかり方の変更をおこないます。
 その他の生活習慣として、片側で頬杖をつく、パソコンやスマートフォンの操作中などに多い、無表情状態が作る顔の筋肉の運動不足状態などが、顔の筋肉の衰えが原因となるほうれい線をつくる原因と考えられます。
普段から、常に左右対象になるように口角をあげることを意識して顔の筋肉を鍛えておくと、片側だけのほうれい線はできにくくなります。

ほうれい線が片方だけできちゃう!気になる原因とはまとめ

 ほうれい線は加齢によるものと思って諦めずに、食事や就寝、体の骨格のゆがみなど、自分でできる生活習慣の改善でも、はるかにできにくくなるものです。
そういえば、パソコンやスマートフォンを見ているときの口元は皆緩んでいることに気が付きます。
ちょっと意識して口元を引き締め顔の筋肉を鍛えることで、片側ほうれい線のみならずほうれい線そのものができにくくなるのです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



-ほうれい線の原因
-

Copyright© ほうれい線お悩み解決ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.