スポンサードリンク

スポンサードリンク



ほうれい線の原因

ほうれい線の3つの原因と問題となる行動、そして対策まで一挙公開!

投稿日:

年齢とともに深くなってしまうほうれい線。このまま一気にババアになるのかと思うと気持ちは暗くなるばかりです。ではほうれい線というのは一体どんなことが原因で起こるのでしょうか?原因を知って対策をすればほうれい線が深くなることを防ぐことができるのでしょうか?

気になったので調べてみることにしたら、驚きの結果が・・・

ほうれい線はシワではなくて頬のたるみと考えよ!

まず一口のしわと言っても、シワには小ジワ、中ジワ、陥凹(かんおう)ジワ、表情ジワ、垂れジワと種類があるわけです。このなかでほうれい線はどの種類になるのかっていうと、陥凹ジワの一種なんです。

ということは・・・

小ジワ、中ジワよりも深いシワってことになりますね。ほうれい線はこのように深いシワということで認識してもらうといいです。

人間の皮膚は表皮、真皮、皮下組織に分類されますね。真皮というのは表皮の内側にあって、肌(皮膚)組織の大部分を占めている場所です。平均で約2ミリの厚さがあると言われています。

この真皮はコラーゲンという繊維状のたんぱく質で構成されています。コラーゲンって聞いたことがありますよね?コラーゲンは人間の体を構成しているたんぱく質の一種です。肌だけでなく骨や血管などの身体の様々なところで活躍している成分です。

真皮層は繊維状に張り巡らされたコラーゲンの間にヒアルロン酸などのゼリー状の成分が水分を抱えながら満たしています。ヒアルロン酸も保湿成分ってことで聞いたことがある成分ですよね。

これにエラスチンという繊維状のたんぱく質も加わって、真皮層はコラーゲンとエラスチンが網目状に張り巡らされています。この構造により弾性と伸縮性に富んだお肌が生み出されるということになります。

コラーゲンとエラスチンが減少したり、加齢や紫外線などによって劣化すると網目構造が保たれなくなり緩んでしまって、肌表面のたるみとなってしまうのです。

つまり、ほうれい線というのは頬のたるみによって引き起こされるシワということになります。

コラーゲンとエラスチンは年齢が上がると減少してしまう成分ですので、だから年齢を重ねると肌のたるみってでてくるんですね。だからある程度の年齢を過ぎたら、コラーゲンとエラスチンを補っていく必要がある成分です。

ほうれい線の主な3つの原因と問題のとなる行動とその対策

真皮のコーラゲンの減少や劣化

ほうれい線は先ほど説明したような真皮のコラーゲンの減少や劣化が原因の1つです。真皮のコラーゲンの減少や劣化ってどうして起こるのでしょうか?もちろん加齢という自然現象でコラーゲンが減少していきますが、次にあげる乾燥や紫外線を浴びることでコラーゲンが劣化してしまうのです。

乾燥

お肌の乾燥はすべての肌トラブルの元となるものです。ほうれい線の原因としても乾燥は取り上げられています。お肌が乾燥すると、ちりめん状のや線状のしわができ、それを放置しておくと、しわの数が増えてしまいます。さらにしわがつながり、大きなしわの原因になります。

そのため、お肌は絶対に乾燥させてはダメ!毎日のお手入れで保湿を心がけましょう。特に気になる部分には化粧水をたっぷりしみこませたコットンで覆い、しっかりと潤いを保ちましょう。

紫外線

紫外線を浴びることで真皮層にダメージを与えてしまいます。紫外線によって肌のハリを支える真皮ではコラーゲンが減少し、エラスチンが劣化。そのため肌の弾力やハリが失われて、大きなしわになってしまいます。

紫外線はしわだけでなく、肌の老化の原因になります。外出するときにはきちんとしたUVケアをすることが大切です。また、大豆イソフラボンやローヤルゼリーを含む食品を摂取するなど、UV化粧品による体の外側のケアだけでなく、内側からのケアもおすすめです。

お肌のコラーゲンを増やすためにはどうしたらいいでしょうか?コラーゲンをお肌に塗ればいい?って単純に考えていませんか?実はコラーゲンは分子が大きいためお肌に浸透しにくく、真皮まで届くことはないそうです。化粧品に入っているコラーゲンは保湿目的で入れられているものです。そのため、真皮にコラーゲンそのものを補うのであれば、コラーゲンのサプリメントなどを飲むことがおすすめです。

わざわざコラーゲンサプリを飲むのはちょっと・・・という人はコラーゲンの生成をサポートする成分をお肌に塗るのがおすすめです。それがレチノールという成分です。最近、注目の成分です。

レチノールについて詳しくはこちらをどうぞ。

エイジングケア成分・レチノールの気になる効果とは?ウワサの真相

 

その他のほうれい線対策の成分についてはこちら!

ほうれい線などのシワに効くと噂の成分とは?エイジングケア成分一覧

表情筋の萎縮

顔には表情筋という筋肉があります。表情筋は真皮の下層になる筋肉で、この筋肉の萎縮によってもほうれい線の原因になります。毎日同じ表情をしてしまうと言った表情のクセが長年にわたってシワを作ってしまうこともあります。また表情筋そのものの衰えによってたるみが起きて、ほうれい線が出来てしまうことになります。

ほうれい線と特に関わりのある表情筋はずばり、口輪筋(こうりんきん)です。

口輪筋(こうりんきん)というのは、口の周りをぐるっと回るようについている筋肉です。口輪筋は主に口を閉じたり、口を前にとがらせたりという動きをする筋肉です。

普段、口を大きく開けたり閉じたり、口をとがらせたりということをしない人は口輪筋が衰えていることもありますので、口輪筋を動かしてみることをおすすめします。イラストのようにストローを吸うのも口輪筋を鍛えるのにいいですね。

また顔には他にも表情筋があります。筋肉は動かさないと衰えてしまうように、表情筋も衰えてしまいますので、顔の筋肉を動かすようにしましょう。

太ったり痩せたりという脂肪組織の構造の劣化

脂肪組織の構造の劣化って難しい言葉が出てきましたが、分かりやすく言えば、太ったり痩せたりということを繰り返すとしわやたるみが多くなると言われています。ダイエットに失敗してリバウントを繰り返すと、お肌を老けさせることにもつながるんですね。

体重に変化が少ないほうがシワやたるみが少ない肌を保てるそうです!ダイエットをすることは悪いことではありませんが、
急激に体重を落とすなどのダイエットは身体に負担になるばかりか、お肌のしわやたるみを増やすことにもなります。気を付けましょう。

ほうれい線の原因まとめ

ほうれい線は肌のたるみが原因ですので、真皮にあるコラーゲンやエラスチンを増やし、肌をふっくらと弾力のあるように戻してあげれば、あの頃のようなしわのない若々しいお肌に元通り♪ということになります。

お肌のマッサージやエクササイズもいいですが、真皮のコラーゲンを増やすための化粧品を使うことによって、すぐには効果を感じられなくても、少しずつしわが薄くなっているのを感じられるはずです。

私は自分のほうれい線を治したいために、たくさんの専用化粧品を使ってきました。そのなかでお値段も手ごろで、さらに効果を感じられたのが、こちら。

アスタレチノVです。

アスタレチノVはコラーゲンの生成を促すレチノールという成分と、抗酸化物質であるアスタキサンチンという成分が入っている美容液です。2つのエイジングケア成分で真皮のコラーゲンの量を増やして、老化の原因である酸化を防いでくれます。

レチノールについて詳しくはこちら!

エイジングケア成分・レチノールの気になる効果とは?ウワサの真相

アスタキサンチンについて詳しくはこちら!

エイジングケア成分・アスタキサンチンの気になる肌への効果とは?

 

私はアスタレチノVを使って、すぐに効果を感じたわけではありませんが、1ヵ月使ってみて、気になっていたほうれい線が目立たなくなってきたようです。

アスタレチノVを使ってすごくよかったです。

今までは年齢よりも老けてみられていたのが悩みだったのですが、アスタレチノVを使ってからは、実年齢よりも若く見られることが多くなりました。女性はいつまでも若く見られたいですからね。

私のように40代に入って、以前よりもしわがくっきりとしてきた、どうしよう?ってな人におすすめです。

私のアスタレチノVの体験レビューはこちら!

アスタレチノVを購入してリアルな感想をレビューしてみます

 

関連記事はこちら

法令線対策ができると噂のベロ回し体操とは・・・

ほうれい線を消すことができるエクササイズをやってみよう

顔ヨガで老け顔ほうれい線が消える!?気になる消し方はこちら!

スポンサードリンク

スポンサードリンク



-ほうれい線の原因
-

Copyright© ほうれい線お悩み解決ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.